太陽光パネルの重要性

最近、電話用の陽光発電のパネルに興味があります。

今まで、賃貸の広間に住んでいるので、興味があっても、無理だといった諦めていたのです。

それが、ウェブショップのTVCMメイルにて、電話用の陽光発電パネルがある事を知ったのです。

最初に見たのは、収納スーツ品種でした。

アルミの元手とか持ち歩くようなジャンルだ。

それを開くと、上下に、よく見分ける紺の陽光パネルが貼ってあるのです。

その下に蓄電器が付いているようです。

つまりそれを持っていれば、いざというポイント、又は普段でも少量の電気は得られるというのです。

何十万円、百万円ごとだと思っていた、陽光発電仕組ですが、その収納ジャンル品種は、五万円少々だ。

加わるかもしれない大地震に備えて、一つ買って、寝袋や、急場取り出しバッグと共に愛車に積んでおくと、面倒安楽でしょう。

なんせ、一旦大地震が来て、毎日道順が妨害されたら、リバイバルには、何週間も要するかもしれないのです。

時間はあったほうが便利です。

その他にも、携帯位のがたいの陽光パネルも一万円位であります。

こちらは、蓄電器は付いていませんが、別売りの物を買えば、持ち運びにも便利です。

やはり、方法強国国中だ。

資源は無いけれど、見識と方法はさすがです。

しばし余りが出たら、一つ買おうと、評価をしています。

ミュゼ大分

大きくなった子供たち、子育てを振り返る

身には乳幼児が2自分いる。

2自分とも男児で、上の子どもは3年代、下の子どもは8か月だ。

連日本当に慌ただしく過ぎていってしまうが、最近、携帯電話で撮りためた、映像を見ました。

上の子どもが生まれたときからスマフォを愛用していたので、映像やムービーは全額端末に保存してあります。

スマフォで撮った映像はいかんせん、サイズが酷いのが故障ですが、ズボラな身には他のマスコミで保存したやり方によって手軽に見直すことができて、最適としている。

さて、上の子どもが生まれてからの3年間の映像を見たのですが、懐かしさと共に、「こんな感じだったっけ?」と忘れていることも色々あり、新しい発見がいっぱいでした。

乳幼児がTVで映された犬を指さし「わんわん、わんわん」と繰り返し言っている映像など、見ていて微笑ましいやり方ばっかりでした。

乳幼児を育てて掛かる間は、そのことに精いっぱいで自分のことを振り返る時間が少ないものですが、こうやって客観的に見てみると、こういうときはこのように叫びてあげればよかったかな、とか、振り返ることができるのです。

下の子どもはやっとが動き出して限界が強まるチャンスですので、たくさんのコールを通じて、乳幼児の注目をくすぐってあげたいものです。